« AI翻訳機は最強の英会話上達法 | メイン

中国は崩壊するか?日本に復活は可能か?

資本主義の崩壊は、加速しつつあります。

それは、マルクスが150年前に指摘した、「資本主義はイノベーションが進むことで、生産性が究極に高まり、そしてその結果、生産物の価格が限りなくゼロに近づく。そして必要に応じて分配される。」それがまさに現実のものとなろうとしています。

ただ、労働者が権力を奪取するのではなく、従来とおなじグローバル資本家がそのまま権力を維持するのです。さらに加速して権力は集中します。

%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB%EF%BC%91.jpg

%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB2.jpg
(グローバル資本家が集うシアトル)

そのなかで、グローバル資本家に唯一対抗できるのが、中国です。具体的に言えば中国共産党と華僑の人々でしょう。

%E9%A6%99%E6%B8%AF%EF%BC%91.jpg

%E9%A6%99%E6%B8%AF%EF%BC%92.jpg

しかし、そのなかでにわかに言われ始めたのは、中国崩壊説です。
中国崩壊はあり得るのか、そのことを検証してみましょう。

さらに、中国のGDPは水増しされている、という話も多々聞きます。各地域でのGDPのノルマから、皆少しづつ水増しして、本当のGDPは半分以下という説もあります。

しかし、昨今の中国の軍拡にしろ、宇宙開発にしろ、目を見張るものがあります。それは、やはりある程度大きなGDPに裏打ちされた軍事力なので、やはり世界2位はかわらないでしょう。


1、中国崩壊説について
 最近中国の崩壊が、あちこちから言われています。
 まずは、不動産投機があまりに異常をきたし、日本のバブル時の10倍以上と言われていま
 す。
 さらに、人件費の高騰や、様々な中国での他企業の活動が、中国政府の制約がきつくて、
 様々なトラブルから逃げ出している、ということです。
 
 しかし、株価が暴落しそうになると、政府より株式市場を閉じさせられ、暴落を食い止める
 ことや、経済が低迷すると、政府は、すぐに手段を選ばない手段で、経済の低迷を食い止め
 ようとします。
 
 そういったあからさまな政府の経済市場への介入は、いずれ海外投資が引き上げられる、と
 いうのが中国暴落説の最大根拠です。
 
 でも、考えてみてください。土地や株の暴落を強引に阻止する政府の存在は、投資家にとっ
 てなによりの安心材料でしょう。ソ連の崩壊のようなことが起きるか、ということです。
 
 人口が日本の10倍もいるので、バブルが10倍であってもそれは日本のバブルとあまり変わり
 はないでしょう。


2、日本復活説について
 東洋経済が1・19日号で、「衰退か再興か 日本の生存戦略」で小西美術工芸社社長のデービ
 ットアトキンソン氏の主張を紹介してます。
 氏は、ゴールドマンサックスを経て現職についてますが、なんで、アナリストが画廊にい
 か、というと、絵も投資材料だからだそうです。高く買う人がいて、はじめて絵の価値があ
 がるので、まさに投資手腕がとわれる業界なのだそうです。
 %E6%9D%B1%E6%B4%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88.JPG
 この氏の主張は簡単です。GDP(国民総生産)は人口×生産性
 だから、人口が減った分だけ、労働者の最低賃金をあげれば、生産性があがる、ということ
 です。

 しかし、問題は、そこです。日本の労働者の給料をあげることが、難しいのです。米国や中
 国はものすごい金持ちがさらに拡大しているので、平均賃金はあがります。

 しかし日本人は情報と金融は、グローバル資本主義もしくは米国に奪われ、世界の工場とし
 ての機能はすでに10年前に中国や第三国に奪われてしまいました。
 
 「里山資本主義」でも情報と金融のかかわらないところで、生きていく術を身に着けていく
 ことが、日本人の残された道であるといっています。
 
 つまり日本では、田舎暮らしこそが、日本人に残された道であると、「里山資本主義」は主
 張します。

%E9%87%8C%E5%B1%B1%EF%BC%91.jpg


 また、人、もの、金 今はものより情報なので、すなわち人・情報・金すべての主導権を
 失った日本において残っているもののひとつとして、士業があります。

 士業は、グローバル資本が唯一関心を示さないビジネスです。しかも中国圏は資格がないし、アジア圏も資格はありません。その分海外進出も可能性がある分野です。

 優れた人からグローバル資本の一員となり、残された人たちが、AIを活用して学び、仕事
 して食べていけるようにならなければなりません。

 つまりAIを活用して、里山ビジネスで生き、AIを活用して、学び、資格をとり、地方分散へと向かうのです。
 
 またその中で、様々な自己投資市場や、様々な創意工夫のビジネスが生まれてくれば、需要
 が増加し、経済が広がるのです。まさに吉宗以降の江戸時代のように。

 10年前から言っていますが(究極の経営)、消費市場が投資市場が増えていく市場になるこ
 とが唯一の日本の復活であることは、ますます確信をもって主張します。

 ただ、それは、これまでの復活のイメージではありません。世界の工場としての日本の立場
 は高度成長期で終わりました。ゲーム立国、アニメ立国もすでに日本以上に世界は力をつけ
 てきました。さらに、日本の世界に通用する大企業は、もはや日本企業ではありません。
 トヨタしかり、ソニーしかり、武田薬品しかり、勿論日産も。

 日本企業と言われるエクセレントカンパニーはほとんど外資の資本がかなり入り、物言う株
 主(外資)の影響で、ほぼ外資のような経営がなされています。

 日本の中心となる庶民である日本人は「里山資本主義」に帰り、士業をとり、ネットを通じて、一人一人個性的なビジネスを作っていくことこそ、日本の復活といえるでしょう。

%E9%87%8C%E5%B1%B1%EF%BC%92.jpg

一極集中から分散化され、しかも様々なところで、様々な個性あるビジネスが生まれ、育ち、そのビジネスを楽しみながら、世界中に個性的なローカルビジネスを発信していく、そして世界中の人々が日本のユニークなローカル経済に魅了され、観光やビジネスに集まる、そんなニュー江戸時代のような国が日本の目指す国だと思います。
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.media-5.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/367

About

2019年01月19日 23:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「AI翻訳機は最強の英会話上達法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

ブログパーツ

Powered by
Movable Type 3.34